河源人才网:日式简历注意事项
2011-12-06 | 阅读 1198 | 来源: 互联网
摘要:

     近年来,随着经济的发展,越来越多的日企进入中国。并大部门日企日益重视对本土文化人才的培养,又为很多人进入日企带来工作机会,日企尤其重视企业文化和礼仪,所以入向日企投递简历时应注意以下几点: 

     履歴書とはあなたが「どのようなことをやってきたのか」「どのような人間なのか」をはかるための書類です。志望先企業に接する最初の“アナタ”は履歴書である可能性もあります。そう考えるとこの書類が如何に重要なものであるか分かっていただけるのではないでしょうか。 「是非この人に会ってみたい」と思わせるような、魅力的な書類を作るためのポイントをお伝えします。   
大意:所谓简历是评估你「做过什么事」,「是怎样的人」的文件形式。最初接触应聘公司的“你”可能就是你的简历。下面就告诉大家如何制作出富有魅力的简历。
    
STEP1:まずは熱意を込めよう   
     履歴書を書くに当たり1番重要なこと、それは「読みやすい書類を作る」ことです。人事担当者があなた1人の履歴書を読むというのならば話は別ですが、大概の企業でそういったケースは極く稀と言えるでしょう。1度に何十人、何百人、場合によっては何千人の履歴書を読まなければならない担当者の“読む気”を失せさせる書類では良い結果は期待できません。履歴書を作成する際は、    
1.字は丁寧に書こう。(上手い下手関係なく、誠意を込めて書こう)    
2.読みやすいレイアウトを考えよう。    
3.欄はしっかり(80%程度)埋めよう。   

STEP1:要注入热情 
1.字要工整   
2.考虑易读的版面设计   
3.内容栏填满80%   

STEP2:公式文書として   
     履歴書は立派な公式書類です。作成するに当たり守らなくてはならないルールをあげておきます。  
1.黒の万年筆、又はボールペンを使用する。   
2.誤字·脱字は厳禁。間違えた場合は修正液·テープは使わず、最初から書き直すこと。    
3.写真の貼り忘れや、印鑑欄がある履歴書の場合は、漏らさないように注意。   
    
STEP2:作为公式文书  
1.使用黑色钢笔或圆珠笔。   
2.严禁错字、漏字。写错时不可用修正液、胶带修改,应重写。   
3.注意不要忘记贴照片、带有印章栏的简历切勿遗漏。 
   
STEP3:自己PR·志望動機   
     多くの履歴書では自己PR·志望動機を書く欄が設けられています。見た目の美しい履歴書を作っても中身がない、ということのないように自己分析をしっかりして伝えたい内容を絞りましょう。読んだ相手に「この人に会ってみたい」と思わせる内容を盛り込むことがポイントです。   
1.伝えたいことは簡潔に、インパクトのある言葉で書く。(まず結論を述べて、その後裏打ちとして理由を書いていく、というスタイルがよく使われるようです。)    
2.志望動機と自己PRが一貫した内容になっていると“あなた”という人間を印象付けやすいです。    
3.それに加えて、相手先の企業研究もしっかりしてあり、あなたが志望先企業でどのように活躍したいのかについても言及していれば、人事担当者としても、採用したあとに、あなたがどのように活躍するかイメージしやすくなるため、言うことなしです。  

STEP3:自我介绍、志愿动机   
1.要传达的事要简洁,要使用有影响力的词。   
2.志愿动机和自我介绍若是始终一贯的内容,会很容易记住“你”。   
3.在1、2的基础上如果再谈到你在志愿企业想如何表现,作为人事担当者也很容易联想到采用了你以后你在企业的表现。   
まとめ:“第一印象”を大切に!   
     履歴書はあなたという人間を紙の上で表現したものです。粗相がないことは勿論ですが、1番魅力的なあなたを見てもらえるようにしましょう。   

总结:注重第一印象   
      简历以书面形式反映你这个人。切勿疏忽大意自然不用说了,争取把最有魅力的一面展现出来。 


 
资料来源:河源人才网

MORE热门排行
换一换也许适合您的职位
©2008-2017广东鹏程万里人力资源有限公司版权所有,未经许可不得转载本网站之所有招聘信息及作品!粤ICP备12040454号-4 增值电信业务经营许可证:粤B2-20120612